開業22年 35,000人以上の施術実績を持つネイルサロン

ギターと爪の手入れ(ネイルケア) 自爪本来の強化(強度)方法

自爪を大切にするギタリストのための「ギターと爪」の付き合い方

ギターと爪の手入れやネイルケアでの自爪本来の強度方法私たちは今まで多くのお客様の爪の施術を行ってまいりましたが、その中でも爪に対して関心が高いお客様といえばギタープレイヤーです。

ギタープレイヤーにとって爪は大事な楽器であり、交換の効かない唯一無二の物ですので爪に関心を持っていらっしゃる方は非常に多いです。バハネイルでは日ごろの施術経験や自爪の強化、改善の知識を生かし、昨年の夏にクラシックギター専門誌「現代ギター」(2012年8月号)にて“爪を良くする健康法”という特集記事を掲載して頂きました。また、「アコースティックギターマガジン」(2013年6月号)の“ピックとネイル”にも取材協力をさせていただいております。ギターの演奏スタイルはルーツとなる音楽によっても違いますので、ギタープレイヤーの爪との付き合い方にも違いがあります。どのジャンルであろうともギターを演奏する方にとって爪が大事なのはいうまでもありません。

ギターと爪以外に当然ながら日常の生活があります

ギターと爪の手入れやネイルケアでの自爪本来の強度方法我々の生活は当然ながらギターを弾いているだけではなく、家事から仕事まで一日中指先(爪)を使っています。私達はギターセミナーやギターコンテスト、楽器イベント会場にて多くのギターを演奏する方から爪に関してのご相談を受けます。

実際にギターの演奏者が爪の手入れ(ネイルケア)となると、まずはインターネットでの情報収集やギターの先生から指南頂くこととなると思います。私達がギタリスト著名人の爪の造りを見る限り、インターネット上の口コミにはギタープレイヤーの爪の手入れ(ネイルケア)に関して個人的な意見や情報が載っております。ギタープレイヤーは演奏方法や爪が全く同じではないものの、爪の手入れ(ネイルケア)に関して爪の表面ばかりにとらわれていくうちに爪のトラブルを引き起こしてしまいます。自爪本来を強化できる手入れ(ネイルケア)方法の知識を知らないまま、補強に頼るばかりです。

爪が薄くなる、弱くなる、割れやすくなるのは加齢だからといって、爪の手入れ(ネイルケア)を誤っていませんか?

ギターと爪の手入れやネイルケアでの自爪本来の強度方法爪が薄くなったのは”歳を取った”からと思う方も多くいらっしゃいますが、私たちのこれまでの施術経験から、毎日の暮らしからいつの間にか爪に負担をかけすぎて起こることが多いのです。

ギターも手入れ(ケア)をしなければ状態が悪くなるように、爪も日ごろから手入れ(ネイルケア)をしなければ爪はすり減る一方です。強度(強化)がある自爪を維持するために、日々の手入れ(ネイルケア)は不可欠です。今まで不便な爪である為に補強だけをしていても、自爪の改善や強度は上がりません。これから新しく生えてくる爪の手入れ(ネイルケア)をしていけば強度(強化)がある自爪に生え変わり、補強に頼らずに自爪でギターが弾きやすくなります。爪は身体の大切な道具であることをふまえて、健康で強度(強化)がある自爪の環境作りを今から始めて下さい。決して今からでも遅くはありません。

ギターを演奏する方に「ギターと爪対策」20年の豊富なキャリアでお応えします

ギターと爪の手入れやネイルケアでの自爪本来の強度方法私たちはこれまでに、プロとして第一線でご活躍中のクラシックギタリストの福田進一さんや、フラメンコギタリストの沖仁さんを始め、プロアマ問わずに多くのギターを演奏する方々の爪を拝見して触れさせていただきました。

そこで感じたのが、プロのギター演奏家の自爪は、演奏に相応しい爪つくりをされていらっしゃるという点です、そのための基準とは爪幅がある上、自爪に硬さ、強化した自爪があるという点です。

今までは爪の手入れ(ネイルケア)に関しての正しい知識がなかったとしても、これからはギターの手入れと同様に爪の手入れ(ネイルケア)も心がけていただけたらと思います。まずは正しい知識で手入れ(ネイルケア)をしていけば強度がある(強化した)爪に回復できます。爪の改善、強化方法は爪の専門家バハネイルにご相談頂ければ、ギターを演奏する方のメニューもご提案しております。

ギターを演奏する方にとって大切なことは、強度(強化)がある爪と毎日の習慣ケア

ギターと爪の手入れやネイルケアでの自爪本来の強度方法深爪矯正・爪トラブル改善のネイルサロン、バハネイルではネイルケアブランドkaina(カイナ)を2011年秋より販売スタートしました。スタートをしたきっかけは皆さんに日頃から手入れ(ネイルケア)を簡単にしていいただきたいという気持ちからでした。ご存知の通り、強度がある自爪に強化していく為には日常的に爪の保湿をすることで、補強(矯正)に頼らずギターを自爪で演奏できるようになります。私たちは日々の暮らしの中で、仕事や家事、ギター演奏で爪を道具としてよく使います。

自爪にも適切な水分や脂分が必要にもかかわらず、石鹸で洗い流し、乾燥した状態である自爪は自ら再生能力を持たないために悪化するばかりなのです。

ギターを演奏する為に、ギタリストの爪のことは経験豊かな私たちにお任せ下さい。

ギターと爪の手入れやネイルケアでの自爪本来の強度方法プロのギタリストがギターの演奏に適した爪への改善のために、バハネイルでは、長年の経験を生かしてギタリスト専門の施術メニューや、ネイルケア商品を発売しております。自爪改善のトータルエキスパートとして対応させて頂きます。

爪を保湿するだけで指先は若返ります。そして、爪の保湿剤のkaina(カイナ)は、プロ、アマチュアのギターを演奏する方が、ギターの練習前や、ご自宅での寛いだお休み中にも、いつでもどこでも気軽で簡単にお使い頂けます。強度(強化)がある爪で、末永く心行くまでギターの演奏をお楽しみください。爪の保湿剤(カイナ)の詳細やのお求めは、送料無料やお得なセットも豊富なカイナオンラインショップをご覧下さい。

ギターと爪のための、ギターリスト向けのセミナー会

ギターと爪の手入れやネイルケアでの自爪本来の強度方法ギタリストとこれからの爪とのつきあい方をテーマに、健康で強化した自爪のあり方、普段の生活で心がける点などについて、セミナー会を今後積極的に行っていきます。セミナー情報は当サイトまたはバハネイルのブログ 「元気な爪の創り方」爪の保湿剤カイナのブログ 「爪のお悩み解決」でも告知していきます。ギタリストは爪が命!これからもバハネイルはギターを愛する演奏家の方々の自爪強化、改善に努めて参ります。爪のご相談はバハネイルまで。