開業22年 35,000人以上の施術実績を持つネイルサロン

22年 35,000人以上の深爪改善実績は国内一です。比べてみて下さい。経験や実績の違いが矯正後の自爪に差が出ます。

深爪矯正カイナメソッド私どものネイルサロンでは、約20年に渡り深爪矯正及び爪トラブルの改善施術を行っております。病院でも解決できなかった深爪、爪の病気のお客様の自爪の改善のために日々努めております。また、爪トラブルに関するエキスパートとして、古くからメディアでもご紹介をいただいております。

昨今、深爪矯正がクローズアップされ、深爪矯正を新たに始めるサロンなども出てきましたが、自爪を根本から丈夫にしていく点で大きな差異を感じざるを得ないのが現状です。参考までに改善結果を大きな画像でご覧いただければ、おわかりいただけると思います。深爪矯正はネイルアートの延長線上ではございませんので専門の施術が大切です。

自爪を一時しのぎで綺麗にするのではなく、根本から改善していきたい、深爪の再発がないようにしていくために、私たちは日々努めており、施術をさせていただいております。このサイトでは、そうした点を踏まえ、過去の事例の写真なども大きく見えるようにアップしました。ぜひご覧いただき参考にして下さい。

将来的に生えてくる爪根から爪の先端まで、新しく生えてくる爪を定着させていく方法です。

深爪矯正カイナメソッド自爪が生え変わる4ヶ月(足は6ヶ月)の間に、深爪矯正を自立させる施術方法と保湿法、そして、日常生活で自由に指先をお使いいただくことで、爪を爪先に定着させていく方法(メソッド)です。諦めていた深爪もメンテナンスを追うごとに成長していくのを実感して頂けます。

深爪矯正している間も、自爪と変わりなく指をお使い頂けます。男性やご職業的に指先から爪の長さが出ることに抵抗がある場合であっても、周囲の視線を気にすることなく、これまで通りの生活をお過ごしいただける施術方法です。

深爪矯正終了後の自爪は、指全体に均等な筋肉がつき細長くなります。

深爪自立矯正カイナメソッド深爪矯正終了後の自爪は、深爪であった爪も新しい爪に生え変わり、指全体に均等な筋肉がつき細長くなります。爪の圧力もかわり、爪先を触ると硬さも感じていただけます。それがカイナメソッドによる深爪矯正の特徴です。「見て実感!深爪矯正の結果画像」の指全体をご参考下さい

生え変わった爪のなだらかさや触り心地、指先の感覚が使い心地よくなります。人に見せられなかった気持ちも解放され、人に見せたい気持ちを持たなくても、その指先に人が集まります。

深爪矯正期間は4ヶ月、3週間に1度のメンテナンス、最低6回の施術が必要です。

深爪矯正カイナメソッド自爪が生え変わるまでは4ヶ月間(足の場合は6ヶ月)かかります。自爪は毎日0.1ミリずつ伸びますので、手の場合は3週間ごとの(足の場合は4週間ごと)定期的なメンテナンスが必要となります。

深爪矯正期間中は、指先を使っていくうちに筋肉がつきやすくなっていきます。その期間に爪を育てながら、自爪とほとんど変わりないようにメンテナンス(調整)を行い、次のステップに進めていきます。

4ヶ月間に3週間おき(足の場合は、6ヶ月間に4週間おき)のメンテナンスで、4段階に分けて自爪を定着させていき、卒業まで平均6回位の施術で強く美しい自爪を育てていきます。

“指先まで伸びた” “硬い自爪””人前に出せる” の3つの目標を達成できた時が、カイナメソッドによる深爪矯正のゴールです。私どものカイナメソッドは、生まれ変わった爪だけではなく、指全体から感動して頂ける自信があります。

Pages: 1 2