開業22年 35,000人以上の施術実績を持つネイルサロン

そり爪、爪が上向きに生える原因には理由があります。

そり爪や上向きの爪、爪の変形の矯正爪が気になると、指先や爪を触ることがありませんか?その動作を繰り返す中で、そり爪や爪が上向きになっている方が多く見られます。

そり爪や爪が上向きに生えてしまうと、爪や指先を無意識で触わってしまうことが多々見受けられます。無意識に触っているので、ご本人は気づきにくいものですが触る癖が習慣化すると、触ることで爪の水分や脂分が奪われてさらにそり爪や爪が上向きに生えやすくなってしまいます。健康な自爪の特徴とは、爪の両端(爪廓ソウカク)はまっすぐであり、爪の先端は指先を保護するようにやや下向きにカーブして生えています。

また、そり爪や爪が上向きに生えているいる症状は、指や手に汗をかきやすいことが多く見られます。そり爪や上向きの爪を健康的で下向きな爪のカーブに生やしたいと思っても、なかなか生えにくい理由があります。

そり爪や上向きの爪を、健康的で、下向きで、使いやすい指先へ。

そり爪や上向きの爪、爪の変形の矯正そり爪や上向きの爪のままでいると、指先の筋肉はその爪を補佐するように指先についていきます。なので、自力で何とかそり爪や上向きの爪を治そうとしても指先の筋肉の付き方を変えるのは至難の業です

一時的に、爪の根元からまっすぐに生えてきたとしても、再発しやすい癖がある爪のトラブルです。無意識に触ることで、そり爪や上向きの爪からのストレスも受けやすくなります。

そり爪や上向きの爪であると、爪の脇(爪廓)がまっすぐに生えにくいことで(爪床への定着が不安定)、どうしても、そり爪や上向きの爪が繰り返し生えやすくなります。無意識に爪を触ることで、乾燥する爪は爪床への定着が悪くなり、そり爪や上向きの爪に生えてきてしまいます。そしてまた触ると繰り返す悪循環が爪にますます負担をかけていつしかそれは心にも負担になってきてしまいます。

そり爪や上向きの爪、爪の異常矯正カイナメソッドで最短6回のメンテナンスで快適に。

そり爪や上向きの爪、爪の変形の矯正人間は気持ちを落ち着かせたい時、考え事をする時など、いつの間にか脳からの指令で無意識に何かをしていることがあります。多くある無意識な癖の中には、髪を触ったりするように、爪や爪まわりを触ることがよくあります。爪を健康な爪に生やしやすくする方法としてのカイナメソッドは、意識的に爪を触ることなく快適に指先が使えるのが特徴です。他人の視線も気にせずに自由に使え、爪が生え変わる時には健康な爪へ生えかわっていきます。

丈夫な自爪である為には、水分と脂分のバランスが取れた爪質であることが大切で、爪のピンクの部分(爪床)が指先まで貼りつくように保たれていれば、指全体にバランスが取れた筋肉がつき、理想的なプロポーションが保てます。

爪は日常何かと使う道具です。潤いを補うことは爪トラブルにならないためにも大切です。

そり爪や上向きの爪、爪の変形の矯正そり爪や上向きの爪になってしまった爪の異常の主な原因は、爪や爪周りの皮膚が乾燥したことです。人間は加齢とともに乾燥しやすくなり、指先は特に日常何かと使いますので、潤いを補うことは爪トラブルにならないためにも大切です。

丈夫な爪をつくるために、爪の保湿は重要です。そり爪や上向きの爪を元の自爪に戻す為の矯正中や、いつまでも健康な爪を保つために、保湿を心がけて下さい。爪の保湿剤(カイナ)の詳細やご購入はこちらをご覧下さい。

そり爪や上向きの爪、爪の変形の矯正

.